【再入荷】Fabio Caramuru / eco musica - conversas de um piano com a fauna brasileira

【アーティスト】ファビオ・カラムルー
【タイトル】eco musica - conversas de um piano com a fauna brasileira
【国】ブラジル
【レーベル】flau / independent
【仕様】日本盤 2面見開きデジパック
※ブラジル盤3面デジパックから日本盤へ変更しました
【フォーマット】CD

アマゾンのエコシステム(生態系)とピアノのダイアローグ。
サンパウロ出身のピアニスト、ファビオ・カラムルーによるフィールドレコーディングとピアノによる作品。自然と向き合うことをコンセプトに70年代〜90年代にブラジル各地で録音採取されたカナリア、ツグミ、ウタミソサザイ、キバラオオタイランチョウ、スズドリ、コオロギ、セミなどの生態系の鳴き声と、ピアノの麗しい音色が重なり合う いつか見た楽園のような音楽。朝の光降りそそぐ森の中へショートトリップしたように清々しい気持ちになれるアルバムです。(nob)


【試聴】※恐れ入りますがコピー&ペーストお願いします。
●Cigarra - Fabio Caramuru
https://www.youtube.com/watch?v=JzjcTxuYJYU


1 - Cigarra
2 - Bem-te-vi
3 - Tico-tico
4 - Sapo-cururu
5 - Quero-quero
6 - Grilo
7 - Uirapuru
8 - Tangara
9 - Araponga
10 - Anu-branco
11 - Canario-da-terra
12 - Tuim
13 - Sabia
14 - Arara-azulncio


【キーワード】ピアノ、インストゥルメンタル、セミ(Cigarra)、カナリア(Canario-da-terra)、キバラオオタイランチョウ(Bem-te-vi)、ツグミ(ブラジルの国鳥sabia)、スズドリ(Araponga)、コオロギ(Grilo)、ナチュラル、爽やか、朝光、せせらぎ、美しいメロディ、瑞々しい、楽園

【以下flauレーベルより】
この革新的なピアノ作品はブラジル・サンパウロ出身のアーティストFabio Caramuruのピアノと同国の動物たちとの間の対話を表します。動物達の声とピアノという"二つの歌"はブラジルの大自然に大きなリスペクトを込めて、個性的で非常にバランスの取れた繊細な演奏とミックスにより、一つの楽曲へと昇華されています。

Fabio Caramuruは少年の頃より自然に対して人並みならぬ興味を持っており、彼に自然の素晴らしさを教えてくれたのは昨年亡くなった彼の父Ronald J. Caramuruでした。この作品は父への特別な追悼として考えられ、アルバム・ジャケットにはRonaldが実際のタイルに描いたブラジルの野鳥達のイラストが使用されています。
レコーディングの前の1ヶ月間をブラジルの生態系のリサーチと楽曲の構築の時間にあて、カンピーナス州立大学内に設立された世界最大のサウンドライブラリーの一つとして知られるFNJVより、サビアやスズドリといった野鳥のさえずりやカエル、コオロギなど様々な虫達の鳴き声を収録。対位法から無調、ブルースのコード進行、モーダルなメロディーと、ヘッドフォンで録音された動物達の歌を聞きながら即興的に演奏された彼のピアノからは、無限に広がるような音楽的引き出しの豊富さが感じられるものの、コンテンポラリーに偏ることなく、動物達と無邪気に戯れているかのように音楽が生き生きと展開します。水辺に透き通る光、風にざわめく木々。霊妙なピアノの調べと動物達の歌声の対話が大自然へのイマジネーションを喚起する楽園ピアノ・アンビエントの一大絵巻です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

¥ 2,160

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 送料無料

    当社指定の商品のサイズにあった発送方法にて出荷いたします。

    全国一律 0円

※4,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。